電子化した書類や本のPDF管理・閲覧にGoodNotes 5が便利!

みなさんはスキャンしたデジタル書類データ(PDF)の管理・閲覧にどんなアプリケーションを使っていますか?
もしくは、アプリを使っていないですか?

Appleデバイスを利用している方には、GoodNotes 5というノートアプリをおすすめします。
この優秀なノートアプリ、PDF管理・閲覧にも非常に優れているのです。

GoodNotes 5のメリット

PDFが読み込める

まずは基本的なことですが、PDFを読み込むことができます。
GoodNotes 5は手書き対応のノートアプリですが、PDFをドラッグ&ドロップで簡単にインポートできるんです。
もちろん、読み込むだけではなく、そこに手書きで書き込みをしたり、ラインマーカーを引くこともできます。
電子書籍リーダーのような使い方もできるということです。

フォルダ管理ができる

フォルダを作成でき、ノート(今回の場合はPDFを読み込んだノート)を、フォルダに格納して管理することができます。
もちろん、フォルダとノートに階層構造を持たせることもできます。
なので、ジャンルごとに分けてデジタル本(PDF)を保存する、という使い方もできます。

Mac・iPad・iPhoneの3つのデバイスに対応している

Mac・iPad・iPhoneの3つのデバイスに対応しています。

Mac・iPad・iPhoneのデバイス間で同期できる

3つのデバイスにアプリをインストールしておけば、デバイス間で同期してくれます。
MacでPDFを読み込んで、iPadにてApple Pencilでラインマーカーを引き、iPhoneで閲覧する、なんて使い方もできます。

GoodNotes 5のデメリット

有料アプリである

現在、App Storeで980円です。
買い切り型です。

GoodNotes 5はノートアプリとしてもPDF管理アプリとしてもおすすめ!

ノートアプリとしても、PDF管理アプリとしても優秀なGoodNotes 5。
わたしも、ノートアプリとしても、書類や紙本をスキャンしてデータ化したものの管理・閲覧アプリとしても、愛用しています。
デバイス間で同期できるのと軽く動作するところが気に入っています。
もし、PDFの管理・閲覧で迷っている人は、ぜひ、GoodNotes 5を使ってみてください!